東京インプラントアカデミートップ > 院長ブログ > 最も痛みの少ないインプラント手術法とは

最も痛みの少ないインプラント手術法とは

先日、歯医者の友達と雑談をしていたらインプラントの話になりました。
その内容とは
インプラント手術を怖いと思っている患者様への対応でした。

骨にドリルで穴をあけるなんて聞いてしまうと
怖いと思ってしまうのは当然だと思います。

しかし、骨の組織のなかには痛みを感じる神経組織が少ないため
骨自体はそんなに痛みを感じることはありません。

実は骨よりも痛みを感じるのは「歯茎」のほうです。
ですから歯茎をほとんど触らない「フラップレス」という手術法が最も痛みを感じません。

しかし、この方法は骨を直接目でみることができないため
CT撮影してからコンピューターガイドでの手術となってしまいます。

術前にちょっと時間がかかりますが
「手術後」の痛みはほとんどありません。
また、手術時間も少なくてすみます。

痛みに敏感な方にお勧めです。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

2010/05/10

前のページへ

次のページへ

ページトップへ