院長紹介

原田歯科クリニック 院長 原田和彦 Doctor Kazuhiko Harada

院長メッセージ

全ての患者様に健康になって頂くために

1987年の開院当初、歯周病に悩まされている患者様がとても多いことに驚きました。

それから「歯周病」を学ぶことこそが患者様の為になることだと考え、歯科医師としてのライフワークにしようと心に誓い勉強を重ねてきました。その結果として、1990年に執筆した論文(The Quintessence)が高く評価され、ドイツ語やスペイン語に翻訳されたのは非常に感慨深いものがありました。

しかし、歯周病の研究・治療を進めていくうちに、歯が欠損しているところへの対応に苦慮することが多くなり、そのためにインプラント治療を始めることにしました。

インプラント治療を始めたのが1988年で、当時私は30歳。まだインプラント治療がマイナーな時代でしたが、インプラント治療を若くして始めたことは、現在に至って「経験年数20年以上」という大きなメリットとなっております。

やはり、長期にわたる経過観察、数多くの経験によって得られたものに勝るものはないのです。

また、インプラント治療に関する研究を続けていくにつれて、歯周病に対する知識・技術がインプラントのメインテナンスにおいても大きな役割を果たすことを実感し、歯周病をライフワークにしようと決意したあの頃の私が間違っていなかったと確信することもしばしばです。

実は1995年以降、私は新規の患者様を受け入れるのは他の患者様からの紹介のみというスタイルを頑固に守ってきました。私の治療理念を理解した上で治療に臨んで頂かないと、お互いに納得できる結果がもたらされないからです。

しかし、「もっと早く先生に治療してもらえば良かった。」「もっと先生のクリニックの情報を知りたい。」というなんともありがたい患者様からの声が多くなり、この度、インプラントについてのホームページを製作することにしました。

より多くの患者様が、インプラントとはどのようなものなのかを「正しく」知り、健康な日々を過ごせることを願っております。

日本で12名のSPIインプラントインストラクター・アドバイザリーメンバー

賞状

当院の院長、原田は日本でも12名しかいないSPIインプラントのインストラクター・アドバイザリーメンバーとして、各地でのインプラントセミナー、またインプラント開発に携わるなどの活動をしております。

秋葉原で歯周病治療を20年以上行ってきた実績

術後20年経過した患者様のインプラント症例写真

当院には20年前にインプラント手術をなさって、現在もその歯でよく噛んでおられる患者様がいらっしゃいます。これは、インプラント治療のみならず、歯周病をしっかりとコントロールできる医院でなければ有り得ないことです。インプラント治療だけに目を向けるのではなく、専門とする医師が少ない歯周病治療にも取り組み、"なるべく抜かない治療"をモットーに日々の診療にあたっております。

略歴

  • 日本大学松戸歯学部卒
  • U.S.C卒後研修終了(1984年 )
  • 原田歯科クリニック開業(1987年)

所属

  • SPIインプラント公認インストラクター アドバイザリーメンバー(日本で12名)
  • ITIインプラントメンバー
  • オスセオインテグレーション スタディーグループ オブ ジャパン(OJ)アクティブメンバー
  • 東京 S.J.C.D.セミナーレギュラーコースインストラクター
  • 日本歯周病学会 会員
  • 東京 S.J.C.D. 副会長
  • U.S.C. 卒後研修終了(1984年 )
  • 日本大学松戸歯学部卒

論文

  • 補綴臨床 (1988.1)
  • 補綴臨床 (1988.7)
  • The Quintessence(1990.9)ドイツ語、スペイン語に翻訳
  • 歯科医療 (1904春)
  • 臨床歯周補綴(Ⅲ)(1995.9)
  • インターディシプリナリーを考える (1996.8)
  • デンタルエステティック(v) (1998.7)
  • 現代補綴治療のコンセンサス(2002)
  • The Quintessence「The Longevity;新・症例PLAY BACK」(2006.9)
  • The Journal of Dental Technology「Absolute collaboration」(2006.2)
  • The Quintessence「歯周疾患を改善し咬合を再構成した症例の11年後」(2009.10)

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ