東京インプラントアカデミートップ > 医院紹介 > 最新歯科治療技術について

最新歯科治療技術について

全ては患者様に最善の治療をするために

1.学会・講演会への参加

学会での講演の様子

原田歯科クリニックのドクターは、なるべく学会や講演会に参加し、歯科界での最先端の治療技術の情報収集に努めております。
歯科の治療に関する研究というものは、多岐に渡っており、かつそれぞれが非常に奥が深いものです。それらの情報を全て自らの手によって探し、内容を深めていくことは不可能に近いです。
効率的に最先端の歯科治療を学ぶためには、学会・講演会への参加は不可欠なのです。

2.日々の診療後に行う勉強

診療後の勉強会の様子

原田歯科クリニックのドクターは、学会・講演会以外にも、常に日々の勉強をすることを怠りません。学会や講演会は年に数回しかありません。最先端の歯科治療を学ぶためには、個人での情報収集も欠かせません.
当院の診療時間が18:00までなのは、これと無関係ではありません。精度の高い治療を提供できる集中力の限界がそれくらいの時間だということもありますが、第一には治療技術向上のための時間を確保するという意図のもと診療時間を設定しております。

3.日本で最大規模の勉強会・SJCDへの参加

SJCDでの発表の様子

これまで述べてきたことと矛盾するように感じるかもしれませんが、学会・講演会への参加、また日々の勉強を積み重ねるだけでは、ほとんど意味がありません。そうして得たものはあくまで"情報"であって、臨床の場に活かせるような"知識"ではないのです。
ここで必要になるのが、収集した情報が正しいかどうか、そしてそれを臨床に活かすためにはどうすれば良いかを検証する場が必要なのです。それがスタディーグループと呼ばれる、勉強会なのです。
原田歯科クリニックのドクターは、日本で最大規模のスタディーグループ・SJCDへのに所属し、日頃から様々なドクターと接し、意見交換を行っています。
独りだけで勉強をしていては見えてこなかった視点や陥ってしまうミスにも気づき、常に正しい方向へ進むことができるのです。

4.臨床に対する熱意

手術をするドクターと歯科衛生士

上記に述べた活動を続けることが出来るのは、やはり臨床において患者様に最良のものを提供したいという気持ち以外の何ものでもありません。
正直に言ってしまえば、ある程度の知識と技術を得たならば、それ以降何も勉強しなくても診療を続けていくことは可能です。その方が自分の時間も削られることがありませんし、とても楽でしょう。
しかし、それは自分が楽なだけであって、決して患者様のためにはなっていません。
全ては患者様のために・・・そのことを常に胸に抱いて、これからも日々の診療にあたっていきたいと思います。



このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ