東京インプラントアカデミートップ > インプラントの費用について > インプラントの医療費控除について

インプラントの医療費控除について

インプラントの治療費が戻ってくる?~医療費控除とは~

医療費控除とは、自分、または家族で年間10万円以上(年収200万円未満の場合は、所得の5パーセント)医療費を支払った場合、所得に応じて一定の金額が還付される制度のことです。

インプラントは医療費控除の対象となっているので、申告を行うことによって、支払い済みの税金の一部が戻ってきます。

インプラントは自費診療のため、患者様の金銭的な負担が大きくなってしまうことがデメリットの一つです。是非ともインプラントに掛かる費用の軽減のためにも、医療費控除のことを学んで、申告をしてみてください。

1.条件の確認

2.還付金の計算

3.申告の準備

4.申告

STEP1 医療費控除が受けられるかどうか条件を確認

条件その1

「1年間に支払った医療費の合計が10万円を超えた場合」
※年収が200万円未満であれば、所得の5パーセントを超えた場合

・医療費控除の手続きには、医療費の領収書や支払いを証明するものが必要になります。
交通費などもその対象となりますので、しっかりとまとめて保存しておきましょう。

・医療費は自分とその家族の分をまとめて申告することが出来ます。

・また、1年の区切りは1月1日~12月31日となっていますので、支払いが分割となり年をまたぐ場合は注意してください。

・医療保険などで支払われた分の金額は、控除対象から除きます。

条件その2

「所得税の納税がある場合」

・医療費控除は所得税が戻ってくる制度です。そのため、年末調整などで所得税が非課税になっている場合は、戻ってくるお金はないということになります。

STEP2 還付金の計算

還付金の計算式

医療費控除額 × 所得税率 = 還付金

実際に医療費控除によって手元に戻ってくる還付金の計算式は、上記のものとなります。
では、医療費控除額と所得税率はどのようにわかるのでしょうか?

医療費控除額の計算式

医療費控除額の計算式

所得税率早見表

課税される所得金額

1,000円 1,949,000円まで 5%
1,950,000円  3,299,000円まで 10%
3,300,000円 6,949,000円まで 20%
6,950,000円 8,999,000円まで 23%
9,000,000円 179,999,000円まで 33%
18,000,000円以上     40%

STEP3 申告の準備

還申告時に必要なもの

1.源泉徴収票の原本(コピーは不可)
2.医療費の領収書(コピーは不可)
3.医療費控除の対象となるものの領収書
4.医療費を補填する保険などの給付金額がわかる書類
5.医療費控除の内訳書
6.還付金の振り込みに使う本人名義の銀行などの口座番号
7.印鑑(認印で可)
8.所得税の確定申告用紙

※電子申告(e-tax)の場合

医療費の領収書や給与所得の源泉徴収票などの提出を省略することが出来ます。
しかし申告期限から3年間は、それらの書類は保管することが義務付けられています。
確認のために税務署から提示、または提出を求められる場合があるのでご注意ください。

STEP4 申告

STEP3にて必要な書類をそろえたら、ようやく提出となります。
提出は、以下の3通りの方法で行うことが出来ます。

1.税務署もしくは申告会場へ直接提出しに行く
2.郵送
3.電子申告(e-tax)を利用する

確定申告用紙が手元にない場合や、記入に関して相談をしたい場合は、直接提出しに行くのがよいでしょう。
全てご自身でご用意出来る方は、必要事項を記入した書類を郵送で送ることもできます。
1か2の方法で提出された方は、通常1ヶ月から1ヶ月半ほどで指定の口座に還付金が振り込まれます。
電子申告(e-tax)をご利用される方は、医療費の領収書などを郵送する必要が無く、また振り込みまでの期間も3週間程度と短くなります。

以上で、インプラント治療時の医療費控除の申請手順は完了となります。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ