東京インプラントアカデミートップ > インプラントについて > インプラント治療の実績

インプラント治療の実績

インプラント実績で重要なことは何本手術したかではなく、何年残したか

本当のインプラント治療は手術をした後に始まる

インプラント手術をしている多くの歯科医院の中には、年間何本手術をしているとか、これまでに総数で何本手術をしてきたとか、埋入したインプラントの本数をアピールするところが少なくなく、また患者様もその実績を医院選びの参考にしているような風潮が見られます。

私どもはそうした風潮にこれまでずっと疑問を抱いておりました。
厳密にいえば、インプラント実績として評価されるべきは、何本の手術を行ってきたかではなく、その手術したインプラントを何年に渡って残しているかではないでしょうか。

当サイトでは、本当のインプラント治療は手術をした後から始まるということを繰り返し伝えております。何故なら、患者様が本当に望まれていることは、新たに得た歯(インプラント)を出来るだけ長く維持して、快適に食事をしたり、笑顔で笑ったりすることだからです。

もちろんインプラントを埋入した本数は、技術の指標にはなります。ただ、あまりに多い本数を手術していると実績で謳っている医院には逆に注意が必要です。と言いますのも、私の経験上、インプラントのメインテナンスとなる細菌と負荷のコントロールは、それほど簡単にこなせる治療ではないからです。それほど多くのインプラント手術を行ってそれだけの数のスタッフで、本当に患者様が満足のいくアフターケアが出来ているのか、そんな心配をしてしまう医院も多数見受けられます。本来メインテナンスは歯科衛生士が担当しますので、その人数を見て頂ければだいたい見当がつくかと思います。

当院のインプラント治療実績① 術後20年経過

術後20年経過したインプラント症例写真
術後20年を経過した
当院の患者様のレントゲン写真

当院の患者様には20年前にインプラント治療を受けて、現在もその歯でよく噛んでおられる方がいらっしゃいます。こうした方がいらっしゃることが私どもにとってはとても嬉しいものであり、またこのことは当院のインプラント治療が正しかったことを証明していることにもなります。

当院のインプラント治療実績② インプラントインストラクターとしての活動

賞状

当院の院長は、SPIインプラントのインストラクターとしてインプラント治療のセミナー講師を務め、またアドバイザリーメンバー(日本で12名)としてインプラントの開発にも携わっております。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ