東京インプラントアカデミートップ > インプラントについて > インプラント麻酔・無痛治療について

インプラント麻酔・無痛治療について

静脈鎮静麻酔による痛みと不安のない手術を

静脈鎮静麻酔を使用しての手術

これまでインプラントの手術には、身体への負担を考えて、全身麻酔ではなく部分麻酔を用いることが一般的でした。

しかし、局所麻酔は手術をする箇所の痛みは感じませんが、意識がはっきりしているため、手術の音や医師の会話などが聞こえてしまい、患者様によっては緊張や不安をかきたてられてしまう方もいらっしゃいました。そうした緊張と不安は身体に大きな負担となり、手術にも影響を及ぼすくらいの異常(過呼吸・血圧異常・不整脈等)を引き起こす場合があります。

こうした患者様でも安心して手術を受けていただくため、当院ではお望みの方にはインプラント手術時は静脈内鎮静法という麻酔の方法を用います。この方法は、身体への負担をかけることなく、全身麻酔のような効果を得ることが出来ます。

この方法で手術を受けていただければ、「手術時間もあっという間で、全く不安を感じることなく手術が終わっていた」というような感想を持って頂けるかと思います。

静脈鎮静法とは?

鎮静・鎮痛効果のある薬剤を使用して、治療中の不安や恐怖心を和らげて治療を行う方法です。全身麻酔とは違い、意識のある状態での手術となり、また術後も速やかに回復しますので、当然その日にお帰りになることが出来る、非常に安全な麻酔法です。健忘効果もあり、治療時間も非常に短く感じることが出来ます。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ