東京インプラントアカデミートップ > インプラントについて > インプラント 入れ歯とブリッジとの比較

インプラント 入れ歯とブリッジとの比較

入れ歯について

入れ歯の概説図

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。

部分入れ歯は、一部の歯を失った場合に両隣の歯に金具を引っかけて取りつけます。

総入れ歯は、全ての歯を失った場合に歯ぐきの上にかぶせるように取りつけます。

入れ歯のメリット

  • 一般的な治療なので、多くの歯科医院で治療を受けることが出来る
  • ブリッジよりも大きな欠損に対応出来る

入れ歯のデメリット

  • 硬いものが噛みにくくなる
  • 取り外しての手入れが必要
  • しっかりとは固定されていないため、ガタついたり留め具が気になり、違和感がある
  • 見た目が良くない場合がある
  • 食事の際の味覚や触感が損なわれる場合がある
  • お口の中での異物感が強い
  • 留め具の付いている歯がグラグラしてきてダメになってしまうことが多い
  • 口臭が強くなる

ブリッジについて

ブリッジの概説図

ブリッジは、失った歯の本数が1~2本程度の場合に適応できる治療法です。

失った歯の両隣の歯を削り、繋がった人工の歯を橋(ブリッジ)を掛けるように装着します。

ブリッジのメリット

  • 固定式なので外れない
  • 自分の歯と同じような見た目にすることが出来る
  • 取り外して手入れをする必要はない
  • 人工歯の素材によっては、保険適応内で治療出来る

ブリッジのデメリット

  • 繋がった人工歯を支えるために、両隣の健康な歯を削らなければいけない
  • 多数の歯を失ってしまった場合は、適応することが出来ない
  • 支えてもらう両隣の歯に負担がかかってしまう
  • 見た目を良くしようとすると保険適応外になってしまう
  • 支えている歯が多い場合は精密に作るのが難しい
  • ブリッジの中の1本の歯に問題が出た時には、全部使えなくなってしまう

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ