東京インプラントアカデミートップ > インプラントについて > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

STEP1 カウンセリング・検査

カウンセリング・検査をするドクター

まず、患者様のお話をじっくりと聞かせていただきます。普段どのように歯をメインテナンスしているか、どうして歯を失ってしまったのか、治療において一番望んでいらっしゃることは何か・・・etc。

次にインプラントのメリット・デメリットを合わせて、より理解を深めていただくためにご説明させて頂きます。

そして、患者様の口腔内の状態について、検査をさせていただきます。ここでは、骨の状態、咬み合わせの状態、口腔内の細菌の状態(歯周病の状態)などをしっかりとチェックさせていただきます。

STEP2 診査・診断に基づいた治療計画

治療計画を説明するドクター

STEP1での検査結果を元に、患者様にとってベストな治療計画を提案させていただきます。この時点で、インプラントではなく、抜歯はせずに天然の歯を残すという選択肢をご提示させていただく場合もございます。

STEP3 むし歯・歯周病の徹底した治療

歯周病治療をする歯科衛生士

インプラント手術に入る前に、徹底した口腔内の細菌のコントロールをさせていただきます。

実はこのSTEPがインプラント治療では一番のポイントになってきます。いくら高い技術で難しい手術を成功させてインプラントを埋入したからと言って、インプラントが長持ちしなければ全く意味がありません。インプラントを長持ちさせる下地を作るためにも、手術前に口腔内の細菌を減らすことは絶対必要となってきます。

STEP4 インプラント埋入手術

インプラント手術風景

人工の歯根を埋入いたします。手術時には、麻酔をして行います。よって痛みの心配はございませんので、ご安心ください。

また手術法は一般的に1回法と2回法とございますが、これは患者様の状況によってどちらを選択するかが変わってきます。(現在では1回法が主流となっています)

STEP5 治癒期間

治癒期間の状態のインプラント

埋入したインプラントが骨と結合するまで安静の期間を置かなければいけません。一般的にはこの治癒期間は3~6カ月となります。

この期間でも、歯が欠損しているところには仮歯を入れることが出来ますので、食べ物を噛むことは可能です。

STEP6 上部構造(インプラントに取りつける歯)の設置

アバットメントの装着

上部構造の装着

手術が2回法の場合は、簡単な手術で歯肉を切り開き、埋め込んだ根の部分と、歯の土台となるアバットメントを結合させます。

そして、そのアバットメントに人工の歯を装着します。

STEP7 上部構造(インプラントに取りつける歯)の咬み合わせチェック

噛み合わせチェックをするドクター

装着した人工の歯と他の歯との咬み合わせを調整します。

インプラントが駄目になってしまう原因として過剰な負荷がかかってしまうことによる、破損というものがあります。これは、インプラントには感覚受容器が無いために、本人も知らず知らずのうちに引き起こされてしまうものです。

こうした破損を引き起こさないためにも、このSTEPでの咬み合わせの調整は非常に重要となってきます。

STEP8 メインテナンス(定期検診とセルフコントロール)

定期検診をするドクター

インプラント手術後には、定期検診とご自身での口腔内のセルフコントロールが必要となります。ここからが本当のインプラント治療の始まりと言っても過言ではありません。

インプラントが駄目になってしまう大きな原因として、口腔内の細菌と咬み合わせ不良による過剰な負荷が挙げられます。

この両者を定期的にチェックすることによって、せっかく取り戻した歯をより長く使用できるよう、しっかりとメインテナンスをしていきましょう。

このページを読まれた方はこちらのページも合わせてご覧頂くことをお勧めいたします。

インターネットからの診療予約はこちら

ページトップへ